銀河の署名の検索

フナブ・ク
銀河の署名の検索
調べたい日を選択して検索をクリック

西暦の2021年10月20日の「13の月の暦」

黄色い電気の種の年
自己存在の月3日
銀河の音:スペクトル11
太陽の紋章:白い犬10
KIN 50 白いスペクトルの犬
解放溶かす解き放つ
liberationdissolverelease
ハート愛する忠実
heartlovesloyalty
KINの書
KIN50
私は 愛するために 溶かす
忠実を 解き放ちながら
解放という スペクトルの音とともに
私は 心(ハート)のプロセスを 確信する
私は 2倍になった 私自身の力に 導かれる
私は極性キン 白い銀河のスペクトルを運ぶ
私は 銀河の活性化の入り口 私に入りなさい
I dissolve in order to love
Releasing loyalty
I seal the process of heart
With the spectral tone of liberation
I am guided by my own power doubled
I am a polar kin I transport the white galactic spectrum
I am galactic activation portal enter me


Self-Existing Moon(Fourth Moon - October 18 to November 14)
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

Planet Holon & Human Holon
自己存在の月
「私」とは何?
人とどう違うかという表面的なことを、個性だと考えていませんか?
自己存在とは、与えられた環境の中で、形として顕れるもの。
宇宙の目的、生命の目的のなかで、何を自分ができるのか?
それを「測る」こと。

宇宙の摂理に目的がかなっていても、顕われる形は様々。

宇宙の目的の中で、自分ができることを測ってみる。
生まれ育った地球上の環境から影響を受け、
まわりのものに影響を与える「行い」を重ねることによって、
自分のできることが形として、顕われてくる。それが「自己存在」。

「行為の基礎を確立する」4つの月。

「磁気の月」で、宇宙の目的を見つめ、
「月の月」で、二元的なエネルギーを醸成し、
「電気の月」で、宇宙のリズムに行いをつなげ、
「自己存在の月」では、宇宙の目的の中で、自分のできることを測ってみよう。

自己存在の月の28日間は、こころのもつ「定義する」という力を生み出す月。

自己存在という、ミクロなところを深く掘り下げるところから、
マクロな、宇宙の目的と結びつくものを形にしていく。

What is the form my service will take?
Original Copyright © 1990 José & Lloydine Argüelles
© Hirohide Yanase 2021