環境意識コミュニケーション研究所

「環境意識とは?」

環境=まわりのもの。環境意識=まわりのものを感じる(意識する)こと。というシンプルな定義づけに戻るところから、環境問題の解決へのビジョンを提案し、根本的な価値観の見直しを目指す。本来の商品は、環境意識から、生まれるべきもの。いつ満月か知らない。好きな野菜の旬をしらない。そして環境問題………現代社会の問題点は、すべて、まわりのもの、まわりの人、自然、月、といった環境を感じなくなったところから、きている。

知らない間に、日本人がいつ満月かを知らなくなったのであれば、知らない間に、満月を見るような、コミュニケーションを社会全体で生み出すのが、環境意識コミュニケーションの目指すところ。

環境意識なくして、環境問題の解決はないと考えている。

環境意識序説

「環境意識序説」(2009年掲載記事)全文を読む(PDF)

<事業内容>

<1. 環境意識コミュニケーション事業>

ブランディング・イベント企画・プロモーション

ー環境意識の視点からのブランド・コンサルティング

ー京都満月祭り, 満月の十三祭り、

ーFeel the Fuji Festival

  ー月を感じるブランドコンサルティング(老舗観光ホテルほか)

ー初詣の願いを祈りに

ー新月の会

<2. 環境意識を高めるコミュニケーションとしてカレンダー:マヤの叡智を伝える事業>

(1)「コズミックダイアリー」

(2)「マヤの叡智」について、レクチャー/講演

(3)時間をはずした日の祭り 事務局

<3. 出版事業>

環境意識に関する出版。

翻訳出版   年~ 年 合計 冊。

<4.速読・事業>

COSMIC BRAIN READING柳瀬塾

1)自然のリズム・宇宙のリズムを取り戻す「コズミックダイアリー」の企画・販売

人が自然のリズムを取り戻すための、28日✖️13ヶ月の「コズミック・ダイアリー」を企画・販売。

2)時間をはずした日の祭りの普及・啓発

1999年に呼びかけ、世界で500以上の祭りが生まれる。
以降、毎年継続。

3)COSMIC BRAIN READING 柳瀬式速読 / ZOOMでの 「COSMIC BRAIN READING YANASE塾」 

4)ホゼ・アグエイアス博士(世界にマヤ暦を広めた第一人者)の公式代理人

5)満月の会事務局・月を感じるブランド・コンサルティング

満月の十三祭りなど、満月ごとの祭り、コンサートによって、都市が、宇宙のリズムに合わせて、呼吸することによって、都市と人が再生されることを願う。

満月の十三祭り・池上本門寺イキイキ実行委員会/満月の会協会/
フルムーンコンサルティングチーム/都市開発への提言チーム
ほか、老舗ホテルのブランディング・コンサルティングなど。

6)日本文化に触れる会 (旧 新月の会事務局

新月の会、日本文化を、見えない月を感じるように、見えないものを感じるというコンセプトで、わかりやすくそして、日本文化の精神、日本人の魂を、日本人が取り戻すことを願う。

5)富士山プロジェクト

2005年に、富士山をきれいにし、世界遺産になるとともに、富士を見る、富士を感じる心を人が取り戻すことを願う。

2005年に本気で富士山をきれいにするプロジェクトチーム/(協力)富士山連絡協議会/富士山事業化チーム/富士山祭り企画チーム

6)平和推進協議会

正義という呪縛から、人類が、いっせいに解き放たれることを願う。

グローバルマネージメントチーム/「9.11正義という呪縛からの解放を」出版・PR/
市民運動との連携協議会